HOME >ビジネスカードとは

ビジネスカードとは

ビジネスカードということばにあまりなじみが無い方もいらっしゃるかと思います。

ビジネスカードとは法人用のクレジットカードのことを一般的にはさします。

有名なビジネスカードとしては、JCB法人カード,三井住友VISA ビジネス法人カード楽天ビジネスカード・エネオスビジネスカード・ufjビジネスカード・タイムズビジネスカード・ jcbエクスプレスビジネスカード・官公庁ビジネスカード・アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードセゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード等があります。

また、カードローンの法人用として、ビジネスカードローン等といわれることもあるようです。別の呼び名として呼ばれるものにコーポレートカードがあります。

コーポレートカードとはビジネスカードと同じですが、ビジネスカードと混同されて名前に使用されることが多いようです。

有名なものは、三井住友コーポレートカード・ucコーポレートカード・jrコーポレートカード・三井住友VISA コーポレートカード・ETCコーポレートカード・VISA コーポレートカード・イオンコーポレートカード・dcコーポレートカード等があります。

法人用クレジットカードをたくさん持つということはあまりないかもしれませんが、1枚は持っていると便利なのが法人カードです。

会社を設立したら早めに作っておくと経理の簡略化も出来て便利でしょう。

ビジネスカードは、なぜ必要?

ビジネスの円滑化をサポートするクレジットカード

中小企業や個人事業主向けの法人カードを一般にビジネスカードと呼びます。法人を対象とした経費決済用のカードです。利用極度額は、企業あるいは部署単位で決められます。また、企業側がカードの発行枚数を決定でき、明細を見れば、当然社員ひとり一人の使用状況がわかる様になっています。つまり、出張費、接待費、消耗品購入などの経費を精算する場合に何かと便利なカードなのです。
それでは、ビジネスカードとコーポレートカードの違いは何でしょう?それは、そのカードの利用者数といえます。ビジネスカードの利用者は、小人数であり、元々コーポレートカードは大企業向けに作られたものです。ビジネスカードはそれをアレンジして誕生したものなのです。

ビジネスカードのメリットとデメリット

ビジネスカードのメリットは、何と言っても経費管理が楽になることです。

例えば、ビジネスカードにしておけば、カード会社が諸経費を1ヵ月立て替えておいてくれます。企業側はカードの支払日までは現金を手配する必要がありません。キャッシュフローは企業の命題ともいえますから、この点は大きなメリットといえるでしょう。

また、クレジットカード利用分の明細は経理部門に届き、どの社員がどの交通機関を使い、どこの加盟店で買い物をしたかなど、金額がすぐに確認できます。とりわけビジネスカードが便利なのは、商社などの飛行機や新幹線を利用した出張の多い企業や高速道路、ガソリンスタンドを利用することの多い運送会社などです。車両ごとにカードを発行するサービスも利用すれば、どの車両がどれだけ給油したかチェックすることも簡単です。

中には旅行傷害保険や空港ラウンジサービスが無料でついてくるビジネスカードもあり、社員の福利・厚生などにも寄与するといえるでしょう。

さらに、月々の引き落とし口座は、もちろん事業用の口座を使えます。特に個人事業主の場合、公私を分けることができるので便利です。

ビジネスカードのデメリットとしては、分割払い(リボルビング払いなど)ができないことです。そもそも法人用のクレジットカードには、ローン的要素はありません。仕事をやりやすくするためのもので、貯蓄的機能はないといえます。また、法人カードで貯めたポイントは、個人のカードのポイントとして使えないものがほとんどです。

NEXT→ | JCBビジネスカード